←HOME

◆RecordingEngineerを志す人へ
[1998/06/14]

 今、アシスタントエンジニアとして働いている人の多くは、高校卒業後、専門学校に行って、それからレコーディングスタジオなどにはいったという人がほとんどです。(大学に行きながら専門学校にも行った人もいると思います。)

 また少数ですが、専門学校に行かず大学(又は高校)卒業から直接スタジオにという人もいます。

 この仕事は、普通の会社のように定期的に採用をするということはあまり無く、人手が足りなくなった時に、随時採用というのが多いと思われます。サウンド&レコーディング関係の雑誌などにも時々求人広告などが出ています。(経験者を求めていることが多いですけど。)

 まあ専門学校には求人の情報はそれなりにあるとは思いますが、自ら、レコーディングスタジオなどに電話をしてみて直接アタックしていくのが一番だと思います。(まあこういう個人活動は専門学校の先生達は嫌いますけど、実際のところ積極的に行動していった方が可能性はあると思います。)

 とはいうものの何の知識も無い人が直接押しかけてもなかなか相手にしてもらえない事が多いので、一応専門学校などで基本的な知識は勉強しておいた方が良いでしょう。

 現在、エンジニア志望でスタジオに入ってくる人はかなりいるのですが、すぐにやめていく人も多く(根性が無いというか執着心が無いというか、まあアシスタントエンジニアというのはかなりきつい仕事ではあるのですが..)、意外と人手(人材)不足でもあるんです。

 アシスタントはレコーディングが順調に進むかどうかに大きく作用するほど重要な仕事ですし、それを乗り越えてもらわないとエンジニア(ミキサー)にはなれないわけですから頑張ってもらいたいのですけど。

 ちなみに、私は高校卒業後、普通の会社員をやっていたのですが(5年間程)、その時、遊びで友人とバンドを組んだりしているうちに仕事より音楽をやってる方が楽しくなり、これでは今の仕事に対して失礼だということで、じゃあ音楽の方を仕事にしようと思った訳です。それで会社を辞めて専門学校に行き卒業時に、レコードのクレジットでみた某ミキサー会社に押しかけたら、運良くというか神はいたというか、使って頂けたという事です。

 ※定期的な採用が少ないため、押し掛けで採用されることもかなりあると思います。

 ミキシングで音楽が生きたり死んだりします。やりがいのある仕事ですから、是非頑張ってレコーディングエンジニアを目指して下さい。

★いくつかの質問について→

▲ Page Up

←HOME